劇団四季に入るには?~オーディション合格への道

あなたの「劇団四季に入りたい!」を応援します。

海外新作ミュージカル『An American in Paris』(パリのアメリカ人)出演バレエダンサー公開オーディション開催!

劇団四季が、2019年1月から8月に東急シアターオーブ(渋谷区)とKAAT神奈川芸術劇場(横浜市)で、新作ミュージカル『An American in Paris(パリのアメリカ人)』の上演を検討していると発表しましたね。
(「検討している」という表現が微妙なところで若干気にはなりますが…。)

 

『An American in Paris(パリのアメリカ人)』と言えば、これまで劇団四季が度々上演している「クレイジー・フォー・ユー」の作詞/作曲のコンビでもある、アイラ・ガーシュウィンジョージ・ガーシュウィン兄弟によるもの。

 

元々は1920年代にパリで過ごしたジョージ・ガーシュウィン作曲の標題音楽交響詩で、「ラプソディー・イン・ブルー」と並んで有名な作品です。

 

その音楽を基に、ヴィンセント・ミネリ(ライザ・ミネリのお父さん)監督、ジーン・ケリーレスリー・キャロンのコンビで映画化されたのが1951年。

 

f:id:shikirin:20170531112330j:image

 

この時、レスリー・キャロンはまだ二十歳前で、そのデビューは鮮烈な印象を残しました。

2005年にバレエ版の作品も制作されていますが、今回劇団四季が上演を検討しているのは、2014年に制作、2015年にブロードウェイに進出したバージョンです。

 

f:id:shikirin:20170531111932j:image

 

トニー賞では12部門で候補作品となり、振付け賞をはじめ4部門で受賞しました。

 

今回は、バレエダンサーの公開オーディションが開催されます。

 

クラシック・バレエをメインにしているダンサーにとっては、自分の得意分野を生かして活躍の場を得る絶好のチャンスですね!

 

「パリのアメリカ人」オーディション情報が公開されている劇団四季公式HPはこちら。↓↓↓

公開オーディション『An American in Paris(パリのアメリカ人)』|劇団四季

 

 #劇団四季 #ミュージカル #オーディション #パリのアメリカ人 #オーディション #クラシックバレエ