読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団四季に入るには?~オーディション合格への道

あなたの「劇団四季に入りたい!」を応援します。

タップダンスについて知っておくべきこと

劇団四季のオーディション募集部門「ヴォーカルクラシック」「ヴォーカルポピュラー」「演技」「ジャズダンス」「クラシックバレエの中にはありませんが、劇団四季のミュージカルの舞台を目指す上で非常に重要なものにタップダンがあります。

 〈タップダンスのスタイル〉

アメリカ南部の黒人のダンスとして生まれたと言われているタップダンスは、靴底のつま先(ボール)とかかと(ヒール)に“チップ”と呼ばれる金属の板をつけて、それで床を踏んだり蹴ったりしたながら音を鳴らし、リズムを刻みながら踊るダンスです。

 

元々は黒人音楽であるジャズに合わせて踊られることが多かったタップダンスですが、音楽がさまざまなジャンルに多様化していくのにしたがって、今ではタップダンスもさまざまなスタイルが生まれています

 

大きく分けると、かかと(ヒール)を多用してビートを重視するリズムタップと、つま先(ボール)を中心に音を鳴らすプレーンなステップだけではなく、カラダ全体の動きも重視して曲に合わせて上半身も表現することに使うシアター(ミュージカル)タップのふたつのスタイルがあります。

 

ちなみに、リズムタップにしろミュージカルタップにしろ、ダンスと言っても元々は足(靴底)をふみ鳴らすものなので、クラシック・バレエのレッスン歴が長い人は、足首の使い方が全く違うタップダンスに苦労する場合が多いです

 

劇団四季作品のタップダンス〉

ですが、劇団四季の作品の中でも、「キャッツ」クレイジー・フォー・ユーなど、タップが出てくるミュージカルは多い(コーラスラインの中でも、タップシューズは履きませんが、タップのステップを踏むシーンが出てきます。)ので、タップダンスの出てくるいろいろな作品を観て、早めにレッスンを始めておくのに越したことはありません。

 

劇団四季の俳優・脇坂真人さんが「クレイジー・フォー・ユー」の中のタップステップを教えている動画が公開されていますから、紹介しておきますね。

 


劇団四季:『クレイジー・フォー・ユー』タップ講座

 

逆に言えば、クラシック・バレエやジャズ・ダンスと比べてレッスン経験者が少ない点や、比較的体が硬くてもそれがダンスの優劣を決める要因になりにくいという点では、今からはじめても自分の武器にできる可能性があるとも言えますね。

 

〈タップダンスのスターたち〉

アメリカのミュージカル映画では、フレッド・アステアジーン・ケリーの作品をはじめ、タップをメインにしたものもたくさんありますし、そうしたミュージカル作品を観て育ったような人たちが、その後のブロードウェイ・ミュージカルで活躍し、スタッフに転向した、というケースもかなりあります。

 

一方で、グレゴリー・ハインズセビオン・グローバーのように、黒人でタップの名手であることから脚光を浴び、その後、舞台や映画で活躍をしていくというような例もあります。

 


Gregory Hines & Sammy Davis Jr

 〈タップダンスのオススメ教材〉

アメリカでは、ブロードウェイを目指す若者から趣味で楽しむお年寄りまで、本当にタップダンス人口が多く、タップを教えるスタジオや教本、教材もたくさんあります。

 

その中でも、タップ教材の決定版とも言うべきものに、“I hate exercise, I love to Tap”があります。

 

I Hate to Exercise I Love to Tap [DVD] [Import]

これは、アルフレッド・ヒッチコック監督作品「間違えられた男」や、1970年トニー賞受賞「アプローズ」への出演、1975年から1984年まで続いた人気TVシリーズ「One day at a Time」のヒロインで活躍したボニー・フランクリンがインストラクターをつとめるビデオで、日本でも数多くのタップ・インストラクターが参考にしているもの

 

「タップダンスを習ってみたいけど、近くに通えるようなスタジオがない。」というような方には、わかりやすくてオススメです。(解説は英語ですが、ステップ自体はとても丁寧に進んでいくので理解しやすいです。)

 

〈タップシューズについて〉

タップシューズで一番メジャーなのがカペジオ(テレトーン)です。

(女性の場合、ヒールのあるタップシューズも履きますが、初心者のうちはこういった形のものの方がレッスンしやすいです。)

(カペジオ) Capezio タップシューズ CG19 7.0M(女性23.5cm) ブラック

 

是非、タップダンスのいろんな作品を観て、研究してみて下さいね。

 

<TOP>に戻る