読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団四季に入るには?~オーディション合格への道

あなたの「劇団四季に入りたい!」を応援します。

クラシック・バレエについて知っておくべきこと

劇団四季のオーディション募集部門、「ヴォーカルクラシック」「ヴォーカルポピュラー」「演技」「ジャズダンス」「クラシックバレエの5部門のうちのひとつであるクラシック・バレエ

 

おそらく、劇団四季のオーディションの中では「ヴォーカルクラシック」と並んでレベルの高い分野と言って良いでしょう。

 

その理由は、まず、

クラシック・バレエのレッスン経験者の数が他のジャンルと比べて全国的にかなり多いこと。

 

そして、日本のクラシック・バレエのレベルが、ローザンヌをはじめとしたバレエ・コンクールの入賞者を例に出すまでもなく、一般的にかなり高いこと。

 

更に、そうした高いレベルのジャンルであるにも関わらず、なかなかダンサーとして食べていくのが困難なこと。

 

こうした状況の中、学校の芸術鑑賞やその他の機会に劇団四季のミュージカル公演を観て、自分の活躍の場として四季にチャレンジしようと考えるクラシック・バレエ経験者(特に女性)は、年々増える傾向にあります。

 

コンクール入賞経験者や、かなり大きな舞台でプリンシパルをつとめた経験を持つような人たちが、劇団四季のオーディションをクラシック・バレエコースで受験するのです。

 

となれば、劇団四季クラシックバレエコースで受験して合格するためには、

例え研究生でチャレンジするとしても、かなりのレッスン歴と実力が伴わない限りは難しいことになります。

 

更に、

劇団四季はあくまで“劇団”であって、バレエ団やダンス・カンパニーではありません。

演技や歌唱にも通じるような表現力、ダンス以外のことにも挑戦しようとする前向きな意欲がアピールできるようでなくてはいけません。

 

また、これまで演技や歌唱を学んできて、これからダンスを学んでいこうと考えている人も、劇団四季に入団した場合には、クラシック・バレエをメインにしたダンスレッスンを受けることになります。

 

実際、クラシック・バレエ以外のダンス、ジャズ・ダンスやタップ・ダンス、それ以外のダンスでも「プリエ」「バットマン」「ピルエット」「パッセ」などの、元々クラシック・バレエで使われている用語(動き)がダンスをやる上での共通語になっていますから、例えダンサーでなくても、ミュージカルに出演する場合には最低限必要な知識(と技術)になってきます。

 

ですから、実際に身体を動かすことはもちろん、本やDVD等でクラシック・バレエをはじめとしたダンスを観て、用語や動きを知っておくことはとても重要です。

 

劇団四季の俳優さんたちは、横浜市あざみ野にある劇団の稽古場や、劇場のリハーサル室での日々のレッスンはもちろん、地方公演の会場ロビーなどでも、クラシック・バレエのバー・レッスンを欠かしません。

 

「オーディション受かったら、一生懸命勉強します。」

では、到底間に合いませんよね?

 

 <まずは用語をしっかり押さえましょう>

バレエ用語集

新品価格
¥1,296から
(2016/11/22 11:43時点)

クラシックバレエテクニック

新品価格
¥6,048から
(2016/11/22 11:44時点)

<用語と動きがどんな風につながるか、目で見て覚えることも大切>

バレエ用 新・バレエ上達練習法(DVD、テキスト オンライン動画セット)

新品価格
¥12,950から
(2016/11/22 11:45時点)

クラシック・バレエはシアター系(劇場で踊られるダンス)全ての基礎になるものですから、例えプロになっても終わりはありません。

 

「千里の道も一歩より」「継続は力なり」です。

 

<TOP>に戻る

「スポンサードリンク」